PBXをクラウド化するデメリットとは?

PBXをクラウド化するデメリットとは?

オフィスで使われる電話システムであるPBXは、現在「クラウド化」が注目されシェアを広げています。

クラウド化は容易に行え、「クラウドPBX」を提供するサービス会社に申し込みを行えば、初期費用のみで利用の開始が可能。

PBXのクラウド化

そこで、オフィスのPBXをクラウド化することで得られるメリットは?
となりますが、当サイトの『PBXをクラウド化する4つのメリット』で詳しく説明しているのでそちらをご覧ください。

しかし、クラウド化を進める中でメリットばかりでなく、欠点いわゆるデメリットがあることは認識しておく必要があります。

ということで今回は、オフィスのPBXをクラウド化するデメリットについて解説いたします。

▶︎目次

1.PBXをクラウド化するデメリットとは?

まず、PBXやクラウド、クラウドPBXとは何か、冒頭の「PBXをクラウド化する4つのメリット」で詳しく説明していので是非ご覧ください。

そもそも「PBX」とは、NTT局舎に置かれている電話交換機の小型版。
オフィス内に設置することで、主に内線電話や外線電話を制御する役割を果たします。

次に「クラウド(cloud)」は、IT業界では「クラウドコンピューター」のことを意味しています。DropBoxなどのクラウドストレージ、GmailなどのWebメールもクラウドサービです。

では、クラウドPBXは?となりますが、簡単には従来オフィス内に設置するPBXをインターネット上に構築。

そして、利用するユーザーは提供会社に申し込みを行い、インターネット経由でPBXにアクセスして通話やデータ通信を行う仕組みの最先端の電話システムです。

PBXをクラウド化するデメリット

では、オフィスのPBXをクラウド化することで、メリットとは逆にどんなデメリットがあるのか?

PBXをクラウド化するデメリットとは?

まず、クラウドPBXはインターネット経由でサービスを利用します。
そのため、オフィスビルの停電、ネットワーク障害、提供会社の倒産などが発生した場合、サービス自体が利用できなくなってしまいます。

万一停電やシステム障害が発生すれば、復旧まで電話が利用できなくなるケースがあるので注意が必要です。

次の問題点として、通話品質の面で、クラウドPBXは通常の固定電話や携帯電話と比べたとき劣ると言われています。

クラウドPBXはインターネット経由で通話やデータ通信を行うので、インターネット環境によっては通信が不安定になるケースがあります。

とはいっても、全く使えないということはないので、固定回線と比べると若干劣るということだけ認識しておきましょう。

その他には、110番や119番など、緊急時に利用するダイヤルはクラウドPBXでは電話をかけられません。

以上のように、重大な損失を及ぼすほどのデメリットではないものの、特に停電やシステム障害時の対応を事前に用意しておくことが大切です。

2.まとめ

今回は、PBXをクラウド化するデメリットをご紹介しました。

ご覧いただいた通り、PBXをクラウド化するのにそれほど大きなデメリットはないといえます。
デメリットよりもメリットの方が大きいので、大きく取り上げられるケースはないようです。

ただし、停電やシステム障害にはクラウドPBXは弱いので、万一を想定して事前に対策案を講じておくことも大切です。

5 thoughts on “PBXをクラウド化するデメリットとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。